上総介の本の補足等

  稼げる投資家になるための投資の正しい考え方
syoseki.gif
おかげ様にて、2回の増刷となり、現在、第3刷となっています。
mottomouretatousibon.gif
2013年、パンローリングさんでもっとも売れた投資本だそうです。※画像は三省堂書店 有楽町店さんにて。
 上総介の本の補足等を、いただいた素晴らしいご質問等を交えて、こちらのコーナーで紹介させていただきます。
Q 上総介さんが東電やガンホー(2013年時点)などの値動きの激しい銘柄をやらないのは、守りを考えてのことですか?
A おっしゃるとおりです。
  自分にとっての2013年の東電やガンホーは、第1章1話の子牛谷道になります。
  私は子牛谷道を通る自信がないので、西からの迂回ルートである、不動産銘柄などを好んでトレードを行っています(人によって子牛谷道は違います)。
  ただし、「値動きが激しいから」、直ちにやらないというわけではなく、あくまでも、「優位性を感じない」というのが、その銘柄の取引を行わない理由になります。この一番大切な趣旨・理由を誤らないことが大切です。
  優位性がある=西からの迂回ルート
  優位性がない=子牛谷道
Q 第2章12話のP99で、上総介さんの最終防衛ラインの設定が10%のようですが、少し手前すぎませんか? 30%くらいでいいと思うのですが・・・。
A 全資産10%を超える含み損を抱えると、精神が異常状態に入り、その異常状態での思考は極めて危険です(第1章4話参照)。
  その異常状態での思考は、含み損10%分を一気に取り返そうなどの邪心が顔を出し、明らかに平常時の自分の思考とは異なります。含み損が10%を超えて、そのままの状態を継続していると、その邪心から、大きな勝負などを行い、一気に資産を減らすことが十分に考えられます。
 含み損が全資産の10%を超えたら、その危険の度合いは、すごい勢いで加速すると肝に銘じておく必要があります。そのため、危険の度合いが加速する前に、精神を平常時に戻す必要があるのです。
Q トレードの仕掛けについて、エントリーポイントを教えてください。
A 誰もが儲かりそうなポイントでエントリーをしたいと思います。もちろん、それは間違いではありませんが、私は下記のエントリーポイントを探しています。
 私は(思惑がはずれても)損が小さくすみそうであり、(思惑が当たれば)利益が大きそうなエントリーポイントを探します(第1章2話参照)。そのため、私はエントリーをする時は、自分の思惑がはずれた場合は、どのような撤退をするかを考えてからエントリーをします(第4章18話P142参照)。
Q 上総介さんがトレードで一番得意なことはなんですか? チャートの見極め? 板の見極め? 
A 逃げ足の速さです(本書全体参照)。
                             
※ 第4章20話は、油断の弊害を説明しましたが、さらに、その奥に隠れている趣旨は、「常に」失敗する確率を下げ、成功する確率を上げるということを、「常に」ご自身で考え、「常に」工夫を行いましょうというものです。
※ 投資と、直接は関係ありませんが、第4回川中島の戦いが長野市の特設サイトで、アニメーションで細部まで見ることが出来ます。興味がある方は、下記サイトの「アニメーション化」という欄をクリックして、ご覧ください。直江隊の動きに注目です(第1章5話)。
 http://www.furin-kazan.jp/nagano/index.php