5月29日(水)  本日 

 本日・・・6営業日ぶりにデイ部門はプラス。
                               
デイ
9983ファーストリテ               +14
8830住友不動産                -19
8801三井不動産       空売り     +22
3099三越伊勢丹                 -5
8802三菱地所                  +10
その他
先物                       +8
                              
 本日    +37
 デイ今月合計            +670,000
 スイング今月合計        +4,720,000
 先物・オプション今月合計    +1,880,000
                                     
 デイ部門は6営業日ぶりにプラス。
 このような荒れた相場では、逆にデイが大きな利益になることが多いけど、今回は、まったくかみ合わなかった。
 質問をいただきました。
Q 先週の日経平均の暴落などを察知するコツを教えてください。

 コツと言えるかはわかりませんが、まず、今回の上昇相場では、ほぼ株価が調整しないで、ぐいぐいと上昇を続けました。これだけ、調整しないで上昇するということは、極めて異常なことです。
 そのため、今現在(先週まで)は異常な状態だと、認識をしておくことが重要です。そして、異常な状態は、どこかで必ず正常な状態に戻るのです。
 まず、この大前提を頭の中に常に入れておくことが大切です。
 しかし、その異常な状態が長引くと、人はどうしても忘れがちになってしまい、その異常な状態を正常な状態と思うようになってきてしまいます。そこで、私はかなり原始的ですが、異常な状態が続いている間、モニタの前に、下記のような張り紙を書いて警戒をしていました。
 「異常な状態が継続中。どこかで大爆弾が来るかも。1日前、どこかの指標に違和感がなかったか、朝、確認」
 自分の場合は、すぐに危機感がどこかに行ってしまうので、このような張り紙をして、警戒を忘れないようにしていました。
 日経平均の暴落から、明日で1週間になりますが、まだ予断を許さないと思います。
 自分の過去の経験では、暴落のあと、反発局面に入って、安心したところに、第二弾の爆弾が降ってきたということを、何度も経験しました。今回も、必ず第二弾が来るとは言いませんが、まだまだ、決して警戒を解いてはいけない局面だと思います。
 だから、絶対に逆張り買いをしないというわけではありませんが、警戒を、さらに深めましょうということでした。ちなみに、自分も警戒をしつつ、逆張り買いを少し入れました。
 また明日がんばろう。