7月5日(火) またも大敗北 上総介の講座受講の方にメッセージあり

連続の大敗北。。。

 

デイ
1801大成建設        +5

 

スイング
7272ヤマハ         -6

9980マルコ        +160

A            -464

 

先物          +28

 

 

本日  -277

 

 

上記は、休み中の損益です。

先週金曜日に、あり得ない誤発注をやらかしてしまいました。これだけの規模の誤発注は、投資人生では、もちろんはじめて。なぜ、このタイミングで?と言いたくもなるけど、すべては自分でしたことです。

つい先日、大敗北をしたばかりなのに、またもや、大敗北・・・。

外出先のビーチからアイフォンで注文。証券会社をスイッチするために、すでに持っていた信用買いの返済売りと、新たな買いの両方を注文したはずが・・・売り注文がなく、買いだけ約定。

1銘柄だけで、かなりの建玉になってしまった。。。

しばらくの期間、持っていれば、その銘柄には優位性があるけど(と思われる)、ルールであるポジションサイジングの概念に、大きく反するポジションとなってしまいました。

人間的な感情であれば前者を優先したいところだけど、投資で長期間、勝者になるためには、後者を優先としなければならない。

上総介の講座を受講いただいた方は、もう朝飯前で理解されていると思いますが、第一章のポジションサイジングの概念は絶対優先事項です。しかし、巨額な投資資金(自分にとって)が左右すればするほど、第二章の敵が、大きな誘惑をしてきて、いろいろな理由をつけて前者を優先したくなります。

結果的には、前者で大丈夫だった、となる可能性も十分あるけど、ポジションサイジングを逸脱すると、滅亡の可能性が出てきます。

 

そのために、月曜日に必ず撤退をすると決めました。※1最下段参照

月曜日の朝一の板・・・自分の建玉がでかすぎて、一気に売ると、けっこうな値崩れが起きる状態。

そのために、少しずつ撤退しなければいけない。

月曜日の寄付き後、少しずつ撤退しようとすると、他からも少しずつ売りが出てきて、値が下がっていく展開。・・・極めて苦しい状況ながらも、少しずつ撤退を開始。下がりながら、自分の玉で更に株価を下げていくという苦しい撤退戦でした・・・。

いったい、何をやっているのだろうという思いが・・・。

4月以降、これだけのドローダウンをしたのは、専業投資家になって10年以上ではじめての経験。更に、今回の損害は内容がお粗末すぎる。。。

これが契機となり、前線にいる兵力(資金)に退却の下知を発しました。9割を現金化して、しばらくはムリせず。

 

~ 上総介の講座を受講していただいた方々へ ~

なんだ、偉そうなことを言っていても、これだけ負けるんだと思われた方もいるかもしれません。

しかし、長期的な視点で見れば、これらの負けも受け入れなくてはいけない負けなのだと思います。

もちろん、今回の連続の大敗北には、悔しくて、苦しい思いをしましたが、その苦しい思いをした敗戦時には、また学ぶべきものもいっぱいあると思います。今回の件では、また、新たに私も多くを学びました。

しかし、決して間違ってはいない行動として、上総介の講座の、目次の絵の構成を思い出してください。

家屋の絵がありました。第一章と第二章が土台となり、その上に、第三章以降の豪華な家が建っていました。

今回の私は、銘柄の優位(第三章以降)と、ポジションサイジング(第一章)の、どちらを選択するのか、という決断に迫られました。

人間的な感情で言えば、明らかに希望の光がある、豪華な建物である「銘柄の優位(第三章以降)」です。しかし、長い投資人生を生き抜くためには、地中に埋まっている土台である「ポジションサイジング等の投資の絶対概念である第一章」を、優先的に選択しなければいけないと思います。

皆様も、長い投資人生で、苦しい局面に立つ場面があるかもしれません。その場面では、目次の絵の構成を思い出し、何を最優先にするべきか判断されてください。

 

参照※1 月曜日に必ず撤退をすると決めました。

以前、上総介の講座を受講していただいた方の1か月の質問権に、「上総介さんは、とても強い意志を持っていて、私はそれが出来るかどうか・・・」という、意図の質問をいただいたことがあります。

私は、下記のようにお返事をしました。

「そのような疑問が発生したということは、第二章を深く理解された故でありますよ。だから大丈夫・・・続」

月曜日に撤退をすると決めたときは、私もあっさりと決断できたわけではなく、かなり苦悩しました。第二章の敵が、いろいろな理由で誘惑をしてくるのですから。

私も強い意志を持っているわけではなく、とても心の弱い人間です。これだけの損を受け入れたくないのは当たり前です。

しかし、優先事項を正しく理解できてさえいれば、苦悩しながらも、正しい判断に行きつけると思います。

皆様も、苦悩に満ちたときは、建物の絵を思い出してください。

 

4月からのドローダウンが、合計で800万円を超えました。

全兵力(資金)のうちの5%未満ですが、手痛い打撃です。

今後は、これを一気に取り返そうとは思わず、また、コツコツと自分の優位性のある取引を、心がけて行っていきたいと思います。

 

ヽ( ´ー)ノ フッ また、そんなに誉めるなよ!

( °o°) だから、笑われているんだよ!

 

なにげにマルコ(9980)は、すごかったのに。

 

またがんばろう。

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する